寒い時期のフケについて

乾燥した植物の写真

日ごとに寒さと共に乾燥が気になる季節となってまいりました。

頭皮はその他の皮膚と同じくターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。

正常なターンオーバーが行われていると、古くなった角質層は目に見えないくらいの垢となり、徐々に剥がれ落ちていきます。

このターンオーバーのリズムが何らかの影響で乱れてしまった場合、不完全な角質層が目に見える程の大きさで剥がれ落ちてしまいます。

これが「フケ」の正体です。

しっかりとした角質層を作ることは非常に重要です。

フケが発生しているということは、角質層というバリアも失っており、頭皮は無防備な状態です。

外的刺激が皮膚内部へと及びやすく、毛髪の成長にも影響を与えてしまいます。

フケは脂っこい食事や、ホルモンバランスの乱れなど、様々な理由が原因で起こりますが、冬の乾燥も原因の一つです。

乾燥フケの特徴はパラパラとした細かい形状のフケです。そして頭皮が乾燥する秋から冬の時期に発生することが多いとされています。

乾燥フケの場合は、適切なケアで改善することができます。

cordoオススメの対策

1.シャンプーの方法を見直す

乾燥していると痒くなり、自然と爪を立ててしまっていたり、強い力で擦ってしまいがちです。頭皮を傷付けないよう、指の腹を使ってマッサージするように髪を洗いましょう。

刺激の強いシャンプーを使ったり、1日のうちに何度も洗髪したりするのは乾燥を悪化させる原因になります。

刺激の弱いもの、肌に優しいシャンプーを使用しましょう。

2.バランスの良い食事を摂る

食事から摂る栄養素が、血液中に取り込まれ、全身に運ばれて肌の健康に役立てられます。

食事から取れるタンパク質やビタミン、ミネラルなどは、髪や肌のターンオーバーに必要な栄養素です。

栄養をしっかり摂って内側からも正常なターンオーバーを取り戻しましょう。

3.お部屋を加湿する

加湿器を使用し、お部屋の湿度を上げることは肌だけではなく、頭皮の乾燥にも有効です。

4.ヘアオイルを使用する

洗髪後、髪の毛を軽く乾かしてからオイルを頭皮につけ、指の腹でマッサージすれば、保湿を行いながら、血行促進にもなります。

5.ドライヤーを当てすぎない

髪の生乾きは、髪に様々な悪影響を及ぼします。しかし、ドライヤーの当てすぎも乾燥した頭皮にはよくありません。

完全に髪を乾かし切るのではなく、乾き切る直前、8割程度の乾燥で終えましょう。

冬のおしゃれを楽しむ方も多くいらっしゃるかと思います。せっかくおしゃれにしていても、服にフケがたくさん落ちていると台無しです。

肌だけではなく頭皮の保湿ケアにも力を入れて、美髪でおしゃれを楽しみましょう。

cordoの店舗にはこだわりのシャンプーやトリートメント、ヘアオイルなどもご用意しております。

その他にも自分に合ったダメージケア方法を知りたい方は遠慮なくcordoにご相談ください♪お待ちしております。

よかったらシェアしてね♪
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる