秋の髪について

乾燥した野花と草の牧草地

夏も終盤、少しずつ秋を感じる季節となってきました。

紫外線や冷房による冷えや乾燥、暑さで食欲が落ちてしまうなど、身体はすっかりお疲れ気味…。そのダメージは身体だけではなく、髪や頭皮も受けています。

春と秋は動物と同じように、人間の髪の毛も生え変わります。

髪や頭皮のダメージを放っておくと、その抜け毛がいつも以上に増える可能性があります。

未然に防ぐためにも今のうちから髪と頭皮を労るヘアケアを取り入れていきましょう。

シャンプーの前には予洗いを

予洗いをすることで汚れが浮き上がり、シャンプーの泡立ちも良くなります。頭皮環境を整える意味があり、とても大切な役割があります。

頭皮をマッサージするイメージで、シャンプーをしましょう。

指の腹を使って、生え際や耳周り、襟足などもしっかりと意識してまんべんなくシャンプーをしましょう。洗い流す際はしっかりと濯ぎましょう。シャンプーが残っていると匂いの原因にもなります。

トリートメントで髪と頭皮のダメージ回復を…

全体的につけているつもりでも、意外とつけ残しがあります。櫛や手櫛で梳き、まんべんなく行き渡らせましょう。その際、毛穴詰まりの原因になるので、地肌にはつけないようにしましょう。

濡れた髪を放置しない

濡れた髪の毛は、キューティクルが開いている為、髪の内部の水分が逃げやすい状態です。そのままにしておくと、キューティクルが乱れて、パサパサの髪になってしまいます。きちんとドライヤーで髪を乾かしましょう。

Cordoでは夏のダメージケアに最適なメニューもございます。

一度髪のダメージをリセットしたい。自分に合ったダメージケア方法を知りたい方、遠慮なくcordoにご相談ください♪お待ちしております。

よかったらシェアしてね♪
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる